化粧水を持つ人

敏感肌のスキンケアは丁寧に行なおう|肌荒れ対策

  1. ホーム
  2. 肌の状態を考えて選ぶコツ

肌の状態を考えて選ぶコツ

女の人

原因や選ぶ時の注意点

敏感肌というのは、潤いを保つために必要な皮脂膜がすぐになくなってしまう状態です。そのため、ほんの少しの刺激でもすぐに反応してしまいます。また、生活習慣の乱れというのも肌の抵抗力を下げ、敏感肌を悪化させてしまう場合があります。しかし、スキンケアをきちんと行えば敏感肌は改善させることが可能です。ただし、敏感肌はスキンケア商品を選ぶ時もポイントがあるので、その点は理解しておくようにしてください。まず、スキンケアを選ぶ時にもっとも有効的な成分というのは、セラミドです。セラミドというのは角質細胞間脂質と呼ばれる肌の弾力を取り戻すために不可欠な成分です。この成分が不足しているスキンケア商品を使用しているとせっかくコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿力の高いものを選んだとしても、肌に浸透せずに終わります。そのため、効果を期待することができなくなってしまい、結果的に肌状態の改善は望めません。また、化粧水や乳液タイプのものよりはクリームかワセリン系の方が効果が高いです。ただ、肌の状態や部位によってはサラサラした方が良い場合もあるので、販売員に相談してみることも一つの手です。さらに、配合成分がシンプルなことも大切なポイントです。皮膚というのは、複雑な科学構造のものに敏感に反応する特性をもっています。そのため、配合成分がたくさんあればあるだけかゆみやかぶれを引き起こす原因にもなってしまいますので、その点を注意しながら選んでください。